NO.9455580
人間が跡形もなく…米国にバレている北朝鮮・金正恩氏の残虐行為
人間が跡形もなく…米国にバレている北朝鮮・金正恩氏の残虐行為
 北朝鮮外務省は2日、報道官談話を発表し、米国務省が北朝鮮の人権状況を批判したのは金正恩総書記に対する「冒涜(ぼうとく)」だとして強く反発した。

 米国務省のプライス報道官は先月28日、韓国で脱北者や複数の民間団体が北朝鮮の人権状況を広く知らせるために毎年行っている「北朝鮮自由週間」に合わせて声明を発表。北朝鮮が新型コロナウイルス対策として中朝国境の無断侵入者を射殺するよう命じたことに「驚愕している」としながら、北朝鮮当局による人権侵害について「金正恩体制に説明責任を果たすよう求め続ける」と述べている。

 北朝鮮にとってこの声明は、二重、三重に腹立たしいものに違いない。まず、金正恩氏は人権侵害で追及を受けることを最も嫌う。北朝鮮にとって核開発は、条件次第では一時停止したり放棄したりできるものだ。そうすれば国際社会から、大なり小なりの対価を期待できる。しかし人権問題はそうはいかない。今すぐに政治犯収容所を閉鎖しても、そこですでに行われた残虐行為の責任はなくならないからだ。

 また、金正恩氏は国内での新型コロナの感染拡大を抑え込んだとして、それを自らの業績のひとつにしている。それを、米国務省の声明は全否定した形だ。プライス氏が、北朝鮮の「人命無視」のコロナ対策に驚愕するのは当然のことだが、同国の人権問題ではもっと驚愕すべきことがたくさんある。

 例えば、人体が原型をとどめないほど残虐な方法を用いる「金正恩式」の処刑は、その状況が衛星写真に撮られており、すでにバイデン政権の担当者たちも目にしていることだろう。



【日時】2021年05月05日
【ソース】zakzak





#2 [匿名さん] :2021/05/06 13:24

>>0
どや!


#10 [一成 ◆YThlYzM4] :2021/05/06 13:29

日本の空気なんて吸いたくないし日本の食べ物なんて吐き気がする

キンチって正しい発音ができずにキムチって呼ぶ日本猿の頭の悪さと気色悪いツラに毎日イライラ

本当はこんなクソみたいな国に1秒だっていたくねぇんだわ


#14 [匿名さん] :2021/05/06 13:31

>>10
と言いながらも日本語びっしりだな


#12 [匿名さん] :2021/05/06 13:30

県立姶良病院の現院長の山畑良蔵は、副院長時代から薄毛コンプレックスが人一倍激しい!そのせいか、長髪の患者に対しては、公務員の職権を濫用して、自身が納得する形の短髪にするように強要し、それに応じないと外出や外泊や退院をさせないと脅迫する人権侵害を平気で行う!実際に、副院長時代に不当監禁した未成年の男性患者に対して短髪にするように強要して応じないと退院をさせないと脅迫する児童虐待を行って虐めていた!人権とは完全に対極の存在だ!自らの薄毛コンプレックスを患者を虐めて憂さ晴らしをするなんて、とても世間では人権派を気取っている人間とは思えない鬼畜の所業だ!このように自称人権派ほど人権侵害をやりまくる!山畑よ!もっと、人権というものについて真剣に勉強しろ!


#15 [匿名さん] :2021/05/06 13:32

>>12
山畑も自分の髪にコンプレックスがあるから、他人の髪型がとても気になるんです!薄毛の自分よりも他人である同性の髪が長かったり多かったりするのが絶対に許せないんでしょう!まして、異性のヘアースタイルじゃなくて同性の髪型が気になって変えたがるなんて明らかに精神状態が異常ですし、法律にも反している!精神科医で、患者に対して髪型の強要をする金正恩みたいな真似をするのは、山畑くらいです!皆さん、山畑院長の髪型を注目してみて下さい!あれじゃあ、コンプレックスを抱くのは当たり前でしょうね!


#16 [匿名さん] :2021/05/06 13:34

>>12
県立姶良病院・小桜一家日本刀報復事件

ここの現院長の山畑良蔵は、副院長時代に、自分が虐めたヤクザの患者の反感を買い、その患者の仲間達の小桜一家がベンツ5台で仲間の報復の為に日本刀を持って病院に押し掛けて来た。そして、外来の玄関前でクラクションを派手に鳴らされ、その仲間達によって、山畑が日本刀を持ったヤクザ達に院内中派手に追い掛け回されて、助けを求めても誰も助けてくれない中、怖くなって必死になって逃げ回った経験がある。そして、命懸けの逃亡も虚しく、ヤクザ達に捕まった途端、ヤクザ達に何度も何度も泣きながら土下座して必死で命乞いをして許して貰ったらしい。この時も、ヤクザの襲撃に怯える職員達に「通報をするな!」と命令して必死で圧力をかけたという。当時は副院長だっただけに自分の出世にも影響を及ぼすと危惧したのだろう。部下や患者の安全よりも、自分の出世が最優先とは、人権派が聞いて呆れる!このように、山畑は、身から出た錆とはいえ、命懸けで今の地位を築き上げた。このような過去からして、山畑はゴキブリ並みに相当権力に執着しているものだと思われる。しぶとい老害だ!人権侵害をやりまくりで多方面から恨みを買いまくりの自称人権派とは、笑わせてくれるよ!


#18 [匿名さん] :2021/05/06 13:35

>>12
鹿児島県立姶良病院・消火器テロ事件

ここの現院長の山畑良蔵は、副院長時代に患者から恨みを買って外来で顔面に消火器をぶっ掛けられた情けない経験がある。これは院内では物凄く有名な話で今でも熱く語り継がれている伝説らしい。当時を知る者達曰く、「外来が真っ白になった」「外来の職員達は、心配するどころかプッと必死で笑いを堪えていた」と…。とても笑えるよね。消火器をぶっ掛けられた現院長は、ブホッブホッと咳き込んで、その患者を指差して、大声で「あいつを捕まえろーーー!」と叫び、男性看護師が10人くらいで取り押さえて閉鎖病棟の8病棟の保護室に48日間拘束したという。現場を目撃した職員が「事件だ!」と思って警察に通報しようとしたが、現院長は世間に公表するのが恥ずかしくて嫌だったらしく、「通報するな!」と命令し、結局、通報される事は無かった。当時は副院長だっただけに自分の出世にも影響を及ぼすと危惧したのだろう。現院長は、これを患者を代表する不満の声として真摯に受け止めず、単なる病気扱いして押さえ込んだ。とても卑怯だ。今でも、その患者は、院内では「よくやった!」と影の英雄扱いされている。普通、生きていて、殴られるという経験はあったとしても、消火器を顔面にぶっ掛けられるという珍経験はしないもんだ。相当、恨まれていたのだろう。しかし、もしかしたら*でもおかしくないのに、よく生きていたもんだ。しかも、それで出世して現院長になって、定年後もしぶとく居座っているんだから、まさに、ゴキブリ並みの生命力と執念だ。実にみっともない。これも日頃の行いが悪いせいで、天罰の一環であろう。


#21 [匿名さん] :2021/05/06 13:40

>>15
>>20
特定地域への強制移住はスターリンや習近平!
特定の髪型に変える強要は金正恩!
山畑良蔵院長って、独裁者に憧れているというか、やる事なす事が一致する人物が社会的な異常者ばかりだよね!


#24 [匿名さん] :2021/05/06 13:41

>>16
ぇえええ〜!!!!!(゚Д゚)💢
県立病院の院長がヤクザから恨みを買って*れかけていたんだってぇえ〜!!!!(゚Д゚)💢
大事件じゃねぇかよぉお〜!!!!!💢(゚Д゚)ゴルァ!!


#26 [匿名さん] :2021/05/06 13:42

>>16
山畑良蔵って、最近有名な人格異常の悪徳精神科医か!


#28 [匿名さん] :2021/05/06 13:46

>>16
本来なら、

●すぐに警察に通報する。

●当時の院長・あるいは副院長本人が正面玄関で堂々と応対する。その際、「密室」状態を避け周囲には他の医者・職員・看護師もいる様にする(大勢の「目撃者」を作る) その頃は録画機能のあるスマホなどもなかったかもしれないが、もしそれが可能なら密かに映像も撮っておいて「証拠」にする。

●そうやって時間稼ぎをしていたら警察がすぐに来るから、後は警察官の仲介に任せる。

・・・これで終わりだよ。
ヤクザはそれで帰るか、あるいは何人かが逮捕・起訴されて懲役に行って終わり。

結局、それをやると、

●警察・司法・マスコミなどが入ってきて病院側も事情聴取(取材)される。刑事事件になればヤクザ側の弁護士も出てくる。この段階で病院側に都合の悪いことも出てくるかもしれない。
あるいは、
●「その後」にまたヤクザに「お礼参り」されるかもしれず、単純にそれが怖かった(警察などが常に守ってくれる保証もないので)

●副院長時代の山畑の方が「ヤクザに脅された」と逆に「笑い者」にされるのがイヤだった。

・・・それで「なかったこと」にしたんだろ?

県立病院にヤクザが押し掛けてそれを通報しない、それ自体がおかしい。
病院業界は昔からヤクザに弱みを握られて(?)色んな便宜を図らされた類の噂(偽の診断書作成、警察・懲役などから逃げる為の不要の入院、薬物の流出など)が絶えない。
実際、それで事件になった事もある。

客観的に見てもヤクザには毅然とした態度を取らないとだめ。

穏便に済ませたかったのだろうが、消火器の件といい、当時の院長が見て見ぬフリをしたのも問題だ。
院長が許さなかったら「なかったこと」にはできないからね。


#32 [匿名さん] :2021/05/06 13:48

>>12
凄え!県立姶良病院のトップの山畑良蔵院長と北朝鮮のトップの金正恩朝鮮労働党委員長、やっている事が全く同じだ!


#19 [匿名さん] :2021/05/06 13:36

GHアンビス!事実上は県立姶良病院のグループホームとなっている!
正確に言えば、姶良病院の閉鎖病棟の8病棟の元看護師長が姶良病院を辞職してから民間人となって新たに設立した有限会社アシストの直轄だが、姶良病院の関係者なので、姶良病院と連携している。姶良病院と癒着している南日本新聞が敢えて伏せた事実だが、グループホームへの入所は姶良病院の医者によって強要される。アンビスは、有限会社アシストの代表である姶良病院の看護師長の息子も経営に携っている。アンビスに入所させられた場合、週4回以上の姶良病院のデイケアへ通う事を強要される。事情によって、アンビスに入所させられない場合は、姶良病院の周辺にアパートを借りるか、遠くても加治木圏内に転居する事を強要させられる。保証人が居ない場合は、アシストの代表である姶良病院の元看護師長が保証人に当てられる。姶良病院が居住地における自己決定権の侵害を行いたがるのは、訪問看護という患者監視制度を行う為である。住所が遠かった場合は、訪問看護が行えないから、姶良病院の周辺地域に拘るのだ。他にも訪問看護の範囲外の地域に元々住んでいた患者に対しては、姶良病院の周辺にアパートを借りて転居して、そこから姶良病院に通院するように強要されるパターンもある。当然、この際、元々借りていたアパートやマンションや持ち家は引き払う事を強要される。最悪の場合は、自宅の私物を処分する事を強要された患者も存在した。
 勿論、姶良病院の職員は公務員なので、患者に対するグループホームへの入所や居住地の制限や転居の強要は公務員職権濫用罪(刑法193条に規定されており、法定刑は2年以下の懲役又は禁錮の処分となる。)として刑事罰の対象となる違法行為である。医者の命令により、部下の職員が同様の強要を患者に対して行った場合は、幇助の罪に問われる。このような違法な仕組みによって、姶良病院側もアシスト側も必然的に金が儲かる。
 このような居住権の侵害は違法行為であり、社会的に断じて許されない!違法行為を行う県立姶良病院も黙認する鹿児島県庁も姶良保健所も同罪者である!


#38 [匿名さん] :2021/05/06 13:54

>>19
それ、南日本新聞の「精神障害とともに」では「姶良病院の看護師が入院患者の為に退職して自ら身元引受人に」「現在は姶良病院も訪問看護に力を入れており服薬管理も行っている」「お陰で長期入院患者も退院できるようになった」という美談になっていたね。

実際はそういう「裏」がある。

どうせ病院側は「でも患者によっては退院後も身元引受や生活管理もハッキリしない者も多い」「そんな患者をそのまま世間に放り出すわけにもいかない。これはむしろ患者の人権擁護の為ですよ」とでも言うんでしょう。

本音では「他に行き場も無い」患者を囲い込んでしゃぶり尽くすのが狙い。


ま、いまどき検索して情報を得られる者はこんな病院には今さら引っ掛からないだろう。
引っ掛かるのは、

●南日本新聞の「精神障害とともに」を真に受けた様なバカ。
●鹿児島市内辺りのこの病院出身の医者のクリニックに通いそのヤブ投薬で逆に調子が悪くなりこの
病院に入院させられた人。
●よく分からずにこの病院に来てしまいそのまま取り込まれた人。

・・・こういう「情弱」ばかり。

更に「他に行き場も無い」となると生涯、ここに囲い込まれてしゃぶり尽くされる事になる。


「情弱」「他に行き場も無い」患者を囲い込んで稼ぐ病院、医者も「取り敢えず自分がいる間だけでも給料が出ればいい、後は知らん」と初めから責任逃れのみ。


#39 [匿名さん] :2021/05/06 13:56

>>19
南日本新聞の編集委員・豊島浩一が自分を人権派のジャーナリストとして売り出そうと鹿児島県の精神医療に取材した連載記事
『精神障害とともに』を執筆。

上辺は人権派風だが実際の中身はこの病院を含む県内の精神科医師たちを「患者の味方」調に美化して描くひどい記事だった。

要するに南日本新聞の豊島が自分を人権派記者として売り出す為に患者を利用している。
そこで記事執筆の為にこの病院にも協力してもらっているので、悪く書かない。

実際、豊島はそれで中央のジャーナリズム関係の講座に講師として招かれたりしている。
また受賞は出来なかったが精神障害者に取材した体験を元に小説を書いて文学賞に応募もしている。

もし受賞できたら「人権派の新聞記者・作家」としてそれを足掛かりに全国的な有名人になりたかったのだろう。


#20 [匿名さん] :2021/05/06 13:38

過去には傲慢な職員達による違法行為が原因で当然の如く反感を買い日本刀を持った指定暴力団の小桜一家から報復として襲撃されて院内で殺人未遂事件を引き起こしたにも関わらず、公務員としての通報や告発の義務に違反して隠蔽し、現在も暴力団による再襲撃の可能性に怯え続けている県立姶良病院の職員達は、入院中の患者達に対して退院させる事の条件として姶良病院の元職員が設立して経営している有限会社アシストの施設であるGHアンビスへ入所して姶良病院のデイケアに週4回以上通うか、姶良病院の周辺地域に転居して姶良病院に通院してデイケアに通い続ける事に同意させる脅迫により事実上の強制移住を成立させている。脅迫とは、被害者の反抗を著しく困難にさせる程度の暴行や脅迫があった時点で違法行為であり、即ち、患者に対して要求に同意しないと退院させないという自由に対して危害を加える旨を伝える脅迫が行われた時点で違法行為が成立する。姶良病院の職員達が治療の一環と正当化して患者達に対して行っている特定地域への強制移住は、国連からジェノサイド認定されて禁止されており、現に中国共産党はウイグル人に対する迫害として行っている強制移住の事実を人権侵害に該当すると国際社会から問題視されて非難されている。また、県立姶良病院で働く公務員が民間企業の有限会社アシストの利益の為に民間人の患者を脅迫して違法なパワハラによりGHアンビスに強制入所させ続けているのは、行政が一民間企業に利益供与している事になりコンプライアンス違反である。更に、事実上の監視制度として訪問看護が行われており、現在は対象地域を拡大させながら、患者に訪問看護を受ける事を強要して囲い込みによる貧困ビジネスを継続中だ。これらの違法行為に関して、職員達によれば、精神科医は絶対的に正しくて公立病院による治療の一環で行っているという事なので、公で治療内容の事実を話しても全く問題無いという事になる。もし、事実内容を否定するなら、公務員が民間人に対して院内で行われている公には明かせない公務上の問題行為を如何にも正当性のあるような虚偽の説明を行って騙して公序良俗に反する不当な契約に同意させた事になるので、更に新たな別の問題が発生する事になる。これらの違法な実態が公立病院で働く公務員達によって行われており、鹿児島県庁や姶良保健所から黙認され続けているのは社会的に大問題である!


#25 [匿名さん] :2021/05/06 13:41

>>20
姶良病院ではケースワーカー花田知枝からのアパートを引き払えという理不尽な要求が連日のようにウザかった!「そんな事をしたら、帰る場所が無くなるだろ!」と拒否したら、「退院する時は、新たにアパートを探しますから!」とか抜かし出すんだが、そういう問題じゃないだろ!「公務員による居住権や財産権や自己決定権の侵害だ!居住地を決めるのは個人の自由だ!あなた方には他人の居住地を制限したり決めたりする法的な権利は無い!」と否定しても、本人は一体何が問題なのか全く理解していない様子だった!こんな奴が県の公務員として働いているのは社会的な大問題であり懲戒処分されるべきだ!公務員職権濫用罪でアウトだ!看護師は治療の為だとか抜かし出すが、もし、そのような例外が法的に定められているなら、条文に書いてあるだろ!勝手に法律を自分達の都合良く曲解するな!ボケ!大体、治療の為だと抜*なら、「退院後は近くの病院に通院して下さい!」とだけ言えば良い話だ!現に幇助犯の花田のせいで、帰る家を失った被害者も多い!
姶良病院で働く汚職員共は、先ずは法律というものを学ぶ為に条文を読んで、真剣に勉強しろ!


#36 [匿名さん] :2021/05/06 13:51

>>27
数年前、県立姶良病院の3病棟に奥浅江ってババアの看護師が居たんだが、精神科医の和田学に何ヶ月も過剰投薬され続けて副作用で手足などの自由を奪われて生き*状態され続けていた患者が居たんだが、その患者が薬の副作用で発作を起こして病棟で倒れて痙攣を起こしていた時、奥はそれを目の当たりにしても助ける事もなく声をかける事もなく知らん振りして何事も無かったかのように素通りしていた。多くの看護師達もケースワーカーの花田知枝もその患者が苦しんでいるのを訴えても問題視しなかったが、患者が医者から半*にされて、誰もが知らん振りって、見ていて背筋が凍ったよ!


#27 [匿名さん] :2021/05/06 13:43

>>25
鹿児島県立姶良病院・集団的恋愛妄想暴走事件

県立姶良病院の作業療法士の清池祥太朗は、スマした顔でいつもイヤらしい妄想ばかりしていた!仕事中も作業療法に参加している男性患者と女性患者が仲良く話しているだけで勝手にイヤらしい妄想を膨らました挙げ句、歯止めが効かなくなり性的妄想が暴走して事実に反する事を一方的に思い込んでいた!清池は妄想が更に暴走し、ドクター和田学やケースワーカー花田知枝と3人で共謀して対象の男性患者が作業療法に参加する事を一方的に禁止した事がある!この際、患者側が理不尽な処遇に対して何度も説明責任を果たすように求めても、ドクター和田は「解るだろ?」「自分で考えろ!」とだけ言い放ちインフォームドコンセントという医師としての義務を果たさなかった!当然、部下の職員達もドクター和田からの圧力に従い説明責任を果たす事は無かった!仮にも百歩譲って、何かしらの苦情を訴えられての措置だった場合でも、公平に双方の事情を聞く事実確認を行った上で冷静に判断すべきであり、片方の言い分だけを鵜呑みにして一方的に処分を下すのは常識的には絶対有り得ず断じて許されない!まして、県立姶良病院で働く公務員達の間で取り扱われる電子カルテは法律上は公文書であり、清池は自分の性的な妄想を特定の患者の電子カルテに打ち込んで院内の職員達に垂れ流して共有し、ターゲットである特定の患者に対して事実に反する不当な扱いを行っていたのだから、これは公務員による民間人に対する誹謗中傷であり、一年以上10年以下の法定刑が設けられている公文書偽造の罪にも該当する!清池達の勝手な思い込みによって作業療法の参加を意味も解らないまま一方的に禁止された被害者の患者はかなり多い!


#29 [匿名さん] :2021/05/06 13:47

>>25
花田って、**で有名なあの花田さん?


#33 [匿名さん] :2021/05/06 13:49

>>20
山畑良蔵を批判できない人は、当然のように堀切や和田も批判できないのだろう。というかそういう人は中国に生まれてたら中国共産党を批判しないし、北朝鮮に生まれてたら金正恩を批判しないだろう。自分の会社が不正してても黙っているのだろう。ただのパターナリスト。従うだけの人なのだろう。


#49 [匿名さん] :2021/05/06 14:11

>>33
山畑良蔵、堀切靖、和田学、花田知枝、清池祥太朗…。

こいつら、明らかに日本人じゃないだろ!


#37 [匿名さん] :2021/05/06 13:51

県立姶良病院の堀切靖副院長は小桜一家日本刀襲撃事件のきっかけとなったヤクザの患者に虚勢を張って措置入院をチラつかせて入院に同意させる脅迫を行っておきながら、その後はそのヤクザの患者に常にビクついて怯えている!本当に情けない小心者だね!


#41 [匿名さん] :2021/05/06 14:00

>>37
つまり、

小桜一家事件への報復としてその元凶のヤクザを強制的に措置入院させる。

そのヤクザには「アンタは反社だから外には出せない。血縁者もアンタが反社である限りは身元保証人
にはならないと言っている(病院がそう言わせている) 外に出たければヤクザ仲間と絶縁しろ」と脅迫している。

・・・こういう構図か?


これひょっとすると県庁病院局や警察もグルなんじゃないの?

だってそこまで抱き込んで計画しないと「ヤクザを精神科病院に拉致監禁する」なんて出来ないでしょ?



これは凄まじい話だねえ。


今は警察の反社に対する締め付けが厳しいから、小桜一家もうかつに病院に押しかけてこれない。


ヤクザも本当は弁護士などを使って対抗したい筈だが、「反社」という弱みがあって病院側に強く出られない。


・・・そこまで見越して反社を命懸けで敵に回してるわけだ。
但し病院側のやり方は明らかに汚いけどな。


これ、今度、小桜一家が病院に来るときはあの院長の「タマ」をマジで取りに来るぞ・・・。
ま、今は警察の反社への締め付けが厳しいから実際には来ないとは思うが・・・。


別に同情するわけではないが、あの院長、心労で相当に参ってるね。


「どうせ来ない」と分かっているけど、それでも万が一、もしまた小桜一家が来たら今度は確実に命がない
わけだ・・・。


・・・凄い話を知ってしまった・・・。


#47 [匿名さん] :2021/05/06 14:08

>>41
そのヤクザ患者は、頻繁に院内に弁護士を呼んでいた!管轄内の姶良警察署が姶良病院の違法行為を取り締まりたがらないのは、何かそういう裏があると思う。いずれにしても、姶良警察署が信用が出来ない警察署なのは間違いない!基本的にヤクザの抗争はリボルバーだが、日本刀だった事から「次は命は無いぞ!」という脅迫の意味がある!一度、ヤクザと抗争を起こしたら、ヤクザから常にマークされる!次、病院側が医者や職員らが反感を買うような真似をしたら、確実にトップの首を取りに来ると思う!ヤクザの喧嘩は、トップの首を取るのが基本だからな!


#40 [匿名さん] :2021/05/06 14:00

鹿児島県立姶良病院・未成年違法監禁虐待事件

 日置市の殺人事件の犯人に精神鑑定を行ったのは県立姶良病院の山畑良蔵と鹿児島大学病院の赤崎安昭だった。
赤崎は1996年頃は姶良病院に居たが、その頃に診ていた一人の男性患者が居た。
その男性患者の診断名は強迫性障害だった。
 そして、赤崎が鹿大に移った事で男性患者も鹿大に通院する事になったが、その男性患者は1998年に自殺をして亡くなった。
 しかし、亡くなった男性患者は既婚者であり、妻の他にも、自身が可愛がって育てていた息子が2人居たが、その息子2人の内の1人の長男は父の死後をきっかけに、元々人格的に問題があった母(即ち、亡くなった男性患者の妻)と母側の親族から虐待を受け続けて育つようになり、母は自分の亡き夫が通院していた赤崎と接点を持つようになり、自らが虐待していた事実を明かさずに子供が抵抗してくる事のみを取り上げて加害行為と偽って話して赤崎を騙し続けていた。
 そして、今度は虐待していた長男を騙して赤崎の元へ通院させて、やがて赤崎は裏で手引きをして虐待の加害者の母や親族と共謀して違法に別人の精神異常者に仕立て上げて(被害者の子供は、当時17歳で15歳以上だったにも関わらず、加害者側の親族が委任状を偽造して本人の知らない所で本人の許可無く出世名を変更して違法に別人に仕立て上げ、更に事実に反する虚偽の通院歴と虚偽の症状を申告した。)姶良病院に強制入院させた。

 そして、姶良病院では、その被害者の子供の主治医は山畑が担当して約2年間もの間、事実に反する違法に作り上げた名前と虚偽申告に基付く病状のまま不当に扱い続けて不当監禁しながら、あらゆる多くの違法なパワハラを行って虐待に及び続けた。被害者の子供が虐待を受けていた事実を話しても、山畑や姶良病院側の職員達は全く聞き入れず、親族による虐待の事実を躾だと正当化して、被害者の子供の主張を被害妄想として不当に扱い、母や親族による虐待の事実を隠蔽した。
 姶良病院には、その被害者の子供を違法に別人の精神病患者として不当に扱った事実を裏付けるカルテが現在も残っているだろう。
 因みに、虚偽申告の内容は、被害者の子供の亡き父の症状をそのまま申告されたので、その被害者の子供は事実確認をされる事無く強迫性障害と不当に診断されたが、その子供にはそんな症状の事実は無い!


#43 [匿名さん] :2021/05/06 14:03

>>40
あの山畑院長は自分が「鑑定」されるべき異常人格者なのに、それで他人を鑑定している。

小桜一家の件も隠したがる筈だよ。
弁護士に「ヤクザに脅されてトラブルを起こすような医師の鑑定に信用がおけるのか?」と突っ込まれかねないからな。


#46 [匿名さん] :2021/05/06 14:06

>>40
2004年10月中旬、未成年違法監禁虐待事件の被害者の未成年の子供が、不当入院中に病棟内で発作を起こして倒れて意識を失った事があるが、それを目撃した患者達が「患者が気を失って倒れた!」と直ぐにナースステーションに駆け付けたら、当時の3病棟(開放病棟)の看護師長だった堂園富士子は、気に留めない所か、「パフォーマンスよ!パフォーマンスよ!」と笑いながら踊っていた事があった。あれに関しては、誰もがドン引きして驚いていたよ!病棟の看護師長までもが、山畑良蔵が虐待していた未成年の患者に対して、血が通った人間とは思えない態度を取っていた!